ヘッダー画像

廃車したら自動車税はどうなる?

所持、維持しているだけで何かとお金のかかってしまう自動車。

廃車にすれば、当然今後それらのお金は浮くことになりますが、もう既に払ってしまった自動車税についてはどうでしょう。


払ったあとだから当然戻ってこないと思っていませんか?


でも、きちんと廃車手続き、還付手続きさえ行っていれば、余剰の自動車税は月割りで返金されるんですよ。

自動車税は、毎年四月一日に、そのとき自動車を所持している人を対象に課される税金です。

金額は、軽自動車なら七千二百円、普通自動車は排気量に応じた額。

それを、一年分まとめて四月に支払うのが普通です。


すでに払っている自動車税は、四月から三月までの十二ヶ月分ということになりますから、もし年度の途中で自動車を廃車にした場合、その月以降の自動車税は本来払う必要のなかったものを先に払っていた、という考えになるので、月割りで還付されるというわけです。


ただし、注意したいのが、これはあくまで普通自動車の場合のみということ。

残念ながら、軽自動車は自動車税が安いこともあって、年度の途中で廃車したとしても自動車税が返ってくることはないのです。

そのため、軽自動車を廃車にする予定があるのなら、三月までに決断を下すのが懸命です。